2010年07月04日

森林鉄道・Ωループ

仮想森林鉄道なので好き勝手にアレンジして楽しんでおる。(笑)

2010-07-04-01-j.jpg

レール、黙って直線で結べばナ〜んて事は無いのじゃが、矢張り遊び心は必要だヨ(笑)「Ωループ」を作成して見た。森林鉄道作業レール(曲線-NBR208-15)で最大半径ジャが違和感なくループが完成する。折角のΩなので、内側には何も配置しない予定だ。


2010-07-04-02-j.jpg

撮影ポイント、心地よい風が通り抜ける…
posted by 漆黒 at 16:02| Comment(4) | TrackBack(0) | 森林鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月03日

雑草作成に熱中

自然風景を題材にしたレイアウトには脇役が不可欠じゃ!と言う事で、雑草探し…。ボウボウと茂った雑草は後処理(リソース作成)が大変なので成るべく簡素な背景を探し歩く。丁度、アスファルトの横割れから立ち上がる草を発見!綺麗に整列しておるし申し分ない。

2010-07-03-01-j.jpg
例の待機区間に新たな雑草リソースを埋め込んで見た。オォ〜!!良い感じジャヨ(笑)エミッターリソースの数(種類)が増えたのでレイヤー機能で色分けをして置く事が大切かもね?

2010-07-03-02-j.jpg
瑠璃色の河川も作成中…
posted by 漆黒 at 13:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 森林鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月28日

森林鉄道・待機区間

この所、「自動センサー」にある設定で「単線・待機区間」を如何に再現出来るか?で思案中である。と言うより、残念ながらcVssにはコノ手のパターンが無いのが残念である…。矢張り微妙な設定マデは無理じゃが、単線のすれ違いパターンは自動センサーでも可能だ。

2010-06-28-j.jpg

左列車は待機線で停車中、右上からの列車がアル時点でセンサーを踏むと数秒後には警笛と同時に進行開始!起動力が弱いのか超遅い!(汗)その後、加速設定のセンサー踏んで通常走行へ。気の短い方にはヤキモキする動作か?

ホームの「鉄道員」はまつでんさん作リソースである。

posted by 漆黒 at 21:51| Comment(8) | TrackBack(0) | 森林鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月13日

森林鉄道・河川作成

山だけじゃ物足りない…

と言う事で河川に挑戦じゃわぃ!既存の地形テクスチャーだと色合いがイメージするものと違うので数個追加で作成する。序でに土手部分の石垣も用意する。

2010-06-13-01-j.jpg
右側には鉄橋を作成する。岩には「釣り人」を乗せてみたが、矢張り回転すると竿がトンでもない方向を向くので使えないかも…

2010-06-13-02-j.jpg
線路際の斜面には「石垣風」のテクスチャーを貼り付けると雰囲気が良い
posted by 漆黒 at 15:13| Comment(7) | TrackBack(0) | 森林鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月10日

森林鉄道再開

VRM信越支部サミットから早、4日が過ぎて…

仮想森林鉄道レイアウト再開である!仮想は楽じゃノ〜当時の雰囲気をチョイト演出するだけ(汗)本格的な線路配線となると過去へタイムスリップしないとトテモじゃないが出来ない。小生が好きな「木曽・阿寺渓谷」、林道が昔「森林鉄道跡」であったとは…。言われて見ると確かに面影があった。神秘的な瑠璃色の川色と独特の岩肌(形)がご当地の美しさかもしれない。

2010-06-10-01-j.jpg
遠景から(これ以上、引くとボロが出ます:笑)

2010-06-10-02-j.jpg
操車場風にアレンジして見た。

2010-06-10-03-j.jpg
今回「森林鉄道3」に付属する「切り出した丸太」(十二種)と切り株(三種)と「出荷票」である。何処に入っているのかと探したら「農業」にありました。(汗)

88638さんも森林鉄道作成に入った様子です。作成過程が楽しみです。
posted by 漆黒 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 森林鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月04日

森林鉄道・酒井A型機関車132

♪木曽のナー 中乗りさん、木曽の御岳さんは ナンジャラホーイ
夏でも寒い ヨイヨイヨイと「木曽節」を歌いたくなるのォ!(笑)本命の「トロ+檜」が発売じゃヨ…

2010-06-04-03-j.jpg

2010-06-04-04-j.jpg
トロ(岩崎レール製運材)はタイプ。檜積載位置が異なるものと檜表面の乾き具合が微妙に異なるもの、そして未積載+連結棒タイプがある。

2010-06-04-01-j.jpg
酒井A型運転台視線にて。手前からNewストラクチャー「事務所」「官舎」更に奥は「詰所」である。I社も程々に風化させたと見えるが何だか中途半端か?じゃが贅沢は国民の敵!出ただけ有難いと思わぬとな?(笑)
posted by 漆黒 at 19:42| Comment(3) | TrackBack(0) | 森林鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月02日

森林鉄道・停車場 弐

I社のブログを拝見すると今週中には森林鉄道パート3がリリース予定だ!後文を読む限り以後は暫く出ないであろう?と、言う事は既存パーツで汗しないと駄目、また無理矢理の世界が続く…

2010-06-02-j.jpg
エミッターで「ミゼット」を…矢張り回転すると〜〜駄目か〜ボツ!

2010-06-02-02-j.jpg
森林鉄道「電車庫風」追々、出るであろうなぁ?(元はバス営業所)

posted by 漆黒 at 20:16| Comment(4) | TrackBack(0) | 森林鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月30日

谷間から

自然を題材にしたレイアウトは難しいの…

2010-05-29-01-j.jpg
レイアウトパターンが単調に成らないようにアレコレと仕掛けを施すが難しいぞ。森林鉄道は超低速で走行するので「ボロ(手抜き)」を出さない木目細かい配置も必要かなぁ?

2010-05-29-03-j.jpg
森林鉄道パーツも後日、パート3で「トロ」「事務所」が計画されている。ソロソロ、次の停車場に取り掛かるか…



:おまけの画像
2010-05-29-02-j.jpg
林間を走る「やまばと」の室内は多分、この位の暗さか?

:おまけの画像2(やまばと号内)
2010-05-30-j.jpg
ガラスはスモーク(チョイト変じゃが)だが、実際は透明に近いかもね?
posted by 漆黒 at 08:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 森林鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月24日

森林鉄道「無理矢理・落石覆い」

多分、出ないでしょう(笑)コレの7番の写真「落石覆い」です。既存で在る物は「コンクリート製」なので雰囲気が出ません。

無理矢理とは:VRM既存パーツを改変して新たなストラクチャを創作する事。(某社が作らないから・笑)

2010-05-24-01-j.jpg
パっと見良い感じじゃろ?(汗)

2010-05-24-02-j.jpg

支柱は「工業パイプ3・支柱B(36mm)」をカーブレールに沿って角度を変えて設置する。この場合は3度間隔、屋根は「近郊対向式駅高架B」を使っている。柱のアイディアは「沖ノ鳥島さんのレイコン作品・ホーム支柱」をヒントにしました。後、屋根付近には落石をイメージした「岩場フレキ」も良いアクセントになると思います。

山肌のテクスチャは「zio氏」作を部分カットして使用。


おまけの画像:
2010-05-23-01-j.jpg
昨日トレトレにUPした画像ですが小さいので大きい画像でと要望が…(嘘)
posted by 漆黒 at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 森林鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月21日

森林鉄道「停車場」

ココ数日、停車場作成に悪戦苦闘しておる。仮想言えども、ソレ風に仕上げないと見栄えが悪い(汗)

2010-05-21-01-j.jpg
停車場全体図より

2010-05-21-02-j.jpg
Tomixの「ミニホーム」を始めて使った!(笑)幅が丁度良い感じだ。

2010-05-21-03-j.jpg
鉄道官舎を数個合体し尚且つ、二階建てに仕上げた「営林職員の住居」らしき建物に仕上げて見た。(春爛漫より流用)
posted by 漆黒 at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 森林鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月19日

森林鉄道「カントレール」

山裾に沿うように線路が敷かれ、急カーブの連続での運転はサゾカシ大変じゃっただろう?特の下りは命がけだったかもしれない。資料を拝見する限り、ブレーキ用空気圧はエンジンから「ゴムベルト」でコンプレッサーを駆動しているようだ、もし切れたら…。

2010-05-19-01-j.jpg
VRMで酒井工作所AC型は最高速度30km/h、モーターカーLM6Aは15km/hカントを実感出来るとまでは…。昨日の桟橋、フレキシブルタイプもあるがカントレールの種類によっては旨く橋桁が揃わない。(汗)

2010-05-19-02-j.jpg
追々と出るか?専用トンネル(or落石覆い)…既存の単線トンネルだとバカデカく違和感がある。上記画像はそれでも高度を半分位まで下げて見たが…入り口幅が大きいか?高度を落とした分、線路が浮いてしまうのでバラストEで地面を確保する。
posted by 漆黒 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 森林鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月18日

森林鉄道「桟橋」

木曽森林鉄道パーツ2がVOで発売されましたね!お目当ては「桟橋」と「モーターカー」サテと…

2010-05-18-02-j.jpg
モーターカー「LM6A型のNo.69」、超可愛らしいボディに笑みが…。途中でバッテリーが終わったら如何するのかなぁ?と心配する。今なら「ソーラーパネル+リチューム電池」で走行距離が数倍伸びるであろうなぁ〜〜

2010-05-18-01-j.jpg
桟橋である(五段)。各段(上下)の間隔は「20mm」、超恐ろしい桟橋じゃなぁ(笑)

2010-05-18-03-j.jpg
ほぼ完成…
posted by 漆黒 at 19:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 森林鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月17日

仮想森林鉄道

既存の地形テクスチャーをチョイト改変して「仮想森林鉄道」作成開始。昨日、まつでんさんから教えて頂いた「もりこーの木曽路日記」を見て、矢張り古き物(者)は画像で温存しておくベキじゃな!何れ役に立つ日が来る。有難いぞ〜〜。詳しい線路配線図などが無いので今回は仮想でいろいろと作成して見る事とする。

2010-05-17-06-j.jpg
もりこーの木曽路日記に投稿されて要る画像を拝見すると廃轍跡だからかもしれないが険しさと言うか、よくぞココに線路を敷いたなぁ〜と関心しっ放しである。故に保守(滑落等)に莫大な資金が必要だ。伐採した物を運び出す手段として森林鉄道は「人、物資、金」を動かした。木曽森林鉄道全盛期の笑い声が聞こえてきそうな貴重な画像である。

2010-05-17-05-j.jpg
山間のカーブを曲がると待機線用分岐、森林鉄道用転換器にはポイントを作動させる雰囲気の「ロット」が付いている。既存の物にも欲しいなぁ無理矢理ボンドではカッコ悪いじゃん。

後、森林鉄道用レールは道床が無いので地形造成する場合は線路高さに+5o上げる必要がある。

2010-05-16-03-j.jpg
昨日、チョイト作成したエミッター用リソースの「菖蒲」と雑草(春夏バージョン)である。何時もの通り、AKAGIさんのHPへUPするので欲しい方は使って欲しい。
posted by 漆黒 at 16:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 森林鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月16日

木曽森林鉄道「滝越」ビネット

アイマジック社から提供のあった「滝越」に色を付けて見た。

元画像はこちらを参照した。勿論、画像は当時のモノクロ撮影されたもの故に色彩感がつかめない(汗)

2010-05-16-02-J.jpg
VOにある昭和系の建物などを配置して見たが、古さ(年代)を感じさせる事は無理じゃなぁ…ちょいと汚れたり壊れたりしたイメージが欲しい。

森林鉄道パート2以降に是非、木曽地方で見かける住居で「屋根に石が乗った」建物、数種類や古めかしい(分校や火の見櫓)ストラクチャー類もご検討頂きたい。


画像背景にある「白樺」と「針葉樹」はAKAGIさんのHPにアップしてありますので欲しい方はDLして下さい。
posted by 漆黒 at 12:57| Comment(4) | TrackBack(0) | 森林鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月11日

木曽森林鉄道

VRM初、ナローゲージであろうか?遂に発売!木曽森林鉄道と言えば、日本三大美林「ヒノキ」を搬出するだけと思っていたが…もう少し勉強しないと駄目じゃな(汗)やまばと号客車、小型有蓋車、酒井工作所AC型 等パート1の面々じゃ。

2010-05-11-j.jpg
只今、作成中のレイアウトにお邪魔させて見た。

2010-05-11-03-j.jpg
保線車両もそうだが曲線区間は超低速で動かさないと違和感があるかも?

2010-05-11-02-j.jpg
運転台視点、操作系部品が無い分、チョイト殺風景か?警笛は「保線車両」と同じだ。

木曽森林鉄道は「まつでん氏」が詳しいので今後、良いアドバイスが貰えるかもしれない。(VOに参入してからのお話です)
posted by 漆黒 at 19:32| Comment(5) | TrackBack(0) | 森林鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。