2009年10月20日

2009レイアウトコンテスト総評

多分?(汗)、今日で投稿された全ての作品のレビューを書かせて頂きました。又、一部パーツ欠損で拝見出来ない部分もありましたが代替等で辛じてクリア!(汗)今回は23作品と例年になく多くの作品が集まりました。トレトレの影響も在るのでしょうか?残念なのはV3やSS部門などが無くなり新しいVer.を所有する者だけの祭典になってしまった事はチョット残念です。

総体的に見るとエキスパートとビギナーが混雑する場合は如何しても後者が不利になるケースが多いと思う。主催者側に要望するなら「クラス分け」をして頂き、ビギナークラスで賞を貰うとランクアップする方法とかを考えて欲しいと思った。(自信の在る方はEPクラスへ投稿も可)

主催者側の注意書きにも在る様に、「レイアウトが散漫」にならない様にと書かれている。散漫と書かれても解釈にお困りかと思う、当のご本人は精一杯作成している訳でマサカこれが「散漫」と判断された理由も分からないままレイコンは終わってしまう。主催者側は責任を持って全ての作品に言及(コメント)すべきことだと思った。

後、手持ちパーツが豊富にあると有利は必ずしもそうでない事をお伝えする。宝の何とかで所持しても使えきる技量も必要だし、別物に変化させる技(無理矢理)も、一つ々のストラクチャーの個性(出っ張り具合、屋根の形等)を把握し尚且つ、高低差も計算する。まぁ、ココまで完璧に拘って配置出来ればエキスパート入りじゃが…。パーツパレットから取り出してレイアウターに只置くのであれば家のカミサンでも出来る事ですね?良い例が「moko氏:town nano」の作品です「0号」だけで完璧に見せる技は地形テクスチャも相俟ってとても美しい作品です。
自分の技量不足をパーツに負い被せる言動は悲しいものがあります。

小生も数回レイコンに挑戦し、悔し涙を流したものじゃ、その悔しさを糧に出来上がったのが「キハ82物語」徹底的に情景を作り込む事に専念してものじゃ(笑)大賞は何時か貴殿の元へ行くので諦めず地道にVRM道を歩んで頂きたい。
応募された皆様、途中で断念した皆様、お疲れ様でした。

以上



posted by 漆黒 at 19:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 霊魂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

架空蔵岸線:片町線氏

ネットで「蔵岸線」と調べたが矢張り、架空でした(汗)

審査ポイントに「車両基地・駅など」と書かれていました。

02-j.jpg
多面プラットホームですが、殆ど「レールエンド化」されています。
多面プラットホームは憧れですが、レイアウトの規模や線路を走る車両数を考慮した配置が必要じゃないかと感じました。
01-j.jpg
湾曲したプラットホームが見所!フレキシブルを曲げて作成するので大変です。チョット、車両側面とホーム端の間隔が空き過ぎかもしれません。(乗客が落下(汗))

03-j.jpg
ポイントで分岐され支線化された部分です。氏の運転方法注意点には「ポイント切り替えが複雑なのでご注意」と書かれていた。が、此れだけ密集しているとビュワーのポイントを探すにも大変だと思いました。

VRM4(1、6)号で作成した作品です。線路配線は面白い構想だと思いますが、パーツの不足分は山や河川、海など作成し地形テクスチャーを活かすことで見栄えがガラリと変わると思います。お試し下さい!
来期も是非、挑戦して下さい!

余談:
レイアウターで線路を「オレンジ色」を使われているのが懐かしいです。小生が始めた頃は皆同じだったので暗黙の色何んだと思い込んでいました。まぁ年齢を重ねると眼に優しい色合いに変更しましたが…
posted by 漆黒 at 13:53| Comment(0) | TrackBack(1) | 霊魂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冬の京都駅:ゆうちゃん氏

雪がチラチラと舞い落ちる京都駅をイメージした作品である。氏は「立体交差のところ」を見て欲しいと書かれている。

01-j.jpg
多分、ココで良いのであろうか?三層構造の立体線路配線である。前作、前々作品と比較すると配置する線路パターンも変化し、見応えのある感じがする。

02-j.jpg
大型ストラクチャー「京都駅」久しぶりにマジマジと見るとデカイ!出発待ちをしている車両編成が良い雰囲気だ。前作(JR大久保駅)の様に人形を多数配置する事で賑やかさ感を出した方が良かったかもしれない。

03-j.jpg
ターンテーブルもある。

三作品を見た限り、本作品が最終仕上がり品なのであろうか?

最後に
レイアウト作成術はお持ちなので、運転停止を出さない方法や周辺の情景を考えて作成するとモット良い感じになると思いました。レイコンとは別にPC環境が許す限り「限界」迄煮詰めた作品(今回公開した物)に再挑戦するのもスキルアップに繋がると感じました。頑張って下され!
posted by 漆黒 at 12:57| Comment(0) | TrackBack(1) | 霊魂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大久保駅なのになぜか環状線が・・・:ゆうちゃん氏

兵庫県のJR大久保駅をイメージした作品。と応募書に書かれているので調べてみた。

01-j.jpg

04-j.jpg
小生が見た感じだと、「上段」の方に見えるが?違っていたら御免!車両編成も細かく分類配置されておりご当地路線が完成している。こちらの作品も四隅間を複々線が走っている。ご当地レイアウトは作者自身が一番の思い入れが在る風景で駅構内も気合の入れ方が違う!一列に並んだ人形(プラットホーム)も面白いがもう少し変化があった方が見た目が良い(前後に入り乱れる)。

03-j.jpg
お見事!アーンダーパスも綺麗に仕上がっているのが好印象じゃ。

車両編成がアチラ、こちらで運転停止してしまうのが惜しい!ポイント等もスクリプトを是非、勉強して頂き今後に期待する。
posted by 漆黒 at 11:50| Comment(0) | TrackBack(1) | 霊魂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長い列車でも止まれる駅のあるレイアウト(山陽本線):ゆうちゃん氏

氏は今回、三つレイコンに応募している。2009レイコン唯一の「夜間設定」である。

02-j.jpg
トワイライトが駅に停車している場面、夜間なのでホームに人の影もない。お題目通り、プラットホームは長い!

01-j.jpg
今回、三作品共に線路配線がレイアウトコーナーをギリギリ迄使った複々線だ。ストラクチャー(建物)は配置せず、暗闇を直走る車窓の灯りの雰囲気は良い。

夜間設定である故、沿線の建物を配置しなかったのでしょうか?(パーツ欠損なら御免なさい!)チョット殺風景なのが気になりました。レイコンは初めて御参加でしょうか?沢山、応募される事は非常に嬉しい事ですが、レイアウトが散漫にならない事も大切です。(応募書に書かれています)センスは良いので来期も頑張って下さい。


posted by 漆黒 at 11:16| Comment(0) | TrackBack(1) | 霊魂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月18日

気動車でGO! キハ120:hirochi氏

氏はアイディアマンでスプライトを使った数々の作品を公開している。此の頃はTS(Trainz)で車両モデリングで活躍されており、日本製の車両が増えて嬉しい限りである。

01-j.jpg
VRMの運転台もhirochi氏作の様にもう少しリアルに作成して欲しいと思うが、ポリゴンの増大は免れる…近年はマァマァ見れる運転台じゃが最初の頃は御粗末であった。

02-j.jpg
掟破りの運転台を取り出してみた!(hirochiさん御免!)

03-j.jpg
何回やっても旨く駅に止める事が出来ない…

posted by 漆黒 at 17:00| Comment(4) | TrackBack(1) | 霊魂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

沖鳥電鉄:沖ノ鳥島氏

沖鳥電鉄は超極小レイアウトだ!一見、ヴィネット風に見えるが路面電車(車掌車)がチンチンと街を走る。

01-j.jpg
極小レイアウトでもシッカリとポイント(魅場)を押さえた作品だ。ミニ駅も可愛らしく存在し、下町の匂いがしてくる作品だ。経営は多分、赤字路線かなぁ(笑)

02-j.jpg
初心者の方は兎角、大きなレイアウトに着工するケースが多々見受けますが完成させるまでモチベーション(下手をすると一年!)まぁ、途中で嫌になってサヨナラのパターンです。最悪はVRMも止めた!!となる訳で継続させるには沖電を目安に小型で内容が濃いレイアウトを沢山作成して欲しいと思います。又、完成後は公開して批評をして頂くことも重要です。(スキルアップ)

沖電は遊び心が入った秀作です。
posted by 漆黒 at 16:27| Comment(0) | TrackBack(1) | 霊魂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国鉄風〜支線電化工事:瀬戸内氏

瀬戸内氏は多分、国鉄時代には此の世に生誕していなかった。仮想空間を如何に仕上げるか多難の道じゃなかったでしょうか?

03-j.jpg
高架線と在来線を見渡すことが出来る場所です。氏の構想で行くと、このレイアウトは何れ「新幹線」が開業し〜JR(民営化)迄を作成する予定と書かれておりました。作成したレイアウトの殆どは一回ポッキリで終わってしまうが、継続して沿線工事をされる方は皆無です。最後まで頑張って欲しいと思います。

02-j.jpg
駅通路も奥ビルから長蛇で構成された面白い場面です。編成キハは駅間を自動運転で折り返しするパターンが組み込まれています。又、レイアウターには「コメント」が多数施されており読んで動かすと情景が増します。

01-j.jpg
ストラクチャー類は矢張りiオプションで「高さ固定」にチェックを入れて配置する癖を付けた方が宜しいかと思います。「階段がビルの上に…」

今回で終わりでないレイアウト「民営化〜支線電化工事完了」と更なる構想があるとの事です。今は殺伐とした部分もヤガテ建物が建ち並び、街も変化するでしょう!完成後はご披露して下され!
posted by 漆黒 at 14:25| Comment(2) | TrackBack(1) | 霊魂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

town nano:moko氏

お恥ずかしい話じゃが、VRM界隈のエキスパート、moko氏作成レイアウトを見たのは始めてかもしれない(此の頃、健忘症で笑)?

04-j.jpg
レイアウターを開いた瞬間、美的間隔で配置されているストラクチャーに圧巻じゃ!

02-j.jpg
今回は「0号」パーツが主で作り上げた作品、不足パーツは「地形テクスチャー」で補うしかないが、物の見事に再現されており脱帽!。公園をイメージした色遣いが憎い。

03-j.jpg
久しぶりに「地形テクスチャー」一本で仕上げた作品だ、今はTS2009に夢中の「hirochi氏」以来だと思う。

スタータパーツでも此れだけ再現出来るんだヨ!と氏は申したいのであろう。綿密な構想と地形テクスチャーが旨く纏った素晴らしい作品だと小生は感じる。これはmoko氏故に出来る技、ストラクチャー類も矢張り綺麗に(正確)に配置する事が大切だと思う。

おまけ、頂きました!ご馳走様です。
posted by 漆黒 at 13:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 霊魂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

地方幹線:沖ノ鳥島氏

大所、沖ノ鳥島氏の作品である。縦長の線路配線でこちらも折り返し運転ではなくグルリと廻るパターンが使われている。

01-j.jpg
先ず、車両を走らせて面白い発想だと感じた駅。ホーム部分を「歩道A」土台は「工場パイプ3支柱」を多用して作成した新しいパターンである。無人駅はこの様な雰囲気の駅が多い。

02-j.jpg

03-j.jpg
駅付近の建物風景ローカルパーツを配置して旧街道筋風に仕立ててあるのが好印象だ。線路際の見える部分はトコトン仕上げてある点は流石だ


04-j.jpg
線路からチョット離れた部分も手際よくストラクチャー類を配置。


88638氏同様、スクリプトを屈指して完全自動運転で作動する。閉塞、優等、普通の追い抜きも再現されており、観ていて楽しい作品である。線路際は田風の地形テクスチャで仕上げてある、これは多分、センサースキップ防止対策かもしれない(水田多用は重たくなる)?又「センサー認識距離も既存8mmから128mm」に感知間隔を広げてある点も配慮がなされている。只、周辺に樹木が一本も無いとチョット寂しい感じを受けたが、正確に動かす為には樹木も割愛しないと駄目?何だか空しい。I社が開発中の高速機能で改善さる事を願うばかりだ。
posted by 漆黒 at 12:15| Comment(2) | TrackBack(1) | 霊魂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小さな町:仙台地区氏

小さな町はジオラマ風のレイアウトである。

01-j.jpg
応募書に「小山で子供たちが遊んでいるところがいいですよ。」と記載されておったので早速、フライスルーで飛んで見た。昔はネットも無ければテレビゲームも無い、学童児は皆、外で暗くなるまで遊んだものだ…。多分のこの学童児の中に「御山の大将」が居るであろう?皆を取り仕切るボスだが皆から慕われ憧れのポジションだった事を思い出す。

02-j.jpg
踏切を通過する313系、何時も思うが「ガラスのポリンゴン」を修正して欲しいと願うばかり(貴殿には無関係です)。後、些細な事ですが手前の遮断機は遮断方法はあっているが向きが逆じゃヨ。奥は正解!

03-j.jpg
レイアウトコンテストに応募された事で又、新たなる挑戦が待ち受けております。先ず動画で(USO800鉄道さん作)いろいろな方の作風を見て勉強をして欲しいと思います。

来期にご期待申し上げます。
posted by 漆黒 at 11:05| Comment(0) | TrackBack(1) | 霊魂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

初めての一人旅:KN223氏

応募書類には「一人旅をしたときの風景をイメージして創りました」と書かれております。旅は色々な出会いがあり、何時までも脳裏にある物です。

01-j.jpg
コンパクトに作られているレイアウトだが、随所に趣向を凝らした場面が登場する。雑草(水田)も夏、秋を使い分けると面白い光景が出来るものだと関心した!(メモ)

2-j.jpg
駅で待機する車両だが架線が無いので「気動車」に仕立てた物であろう?この辺は前回の「buchi-taro氏」同様、キハ系の増産に期待する。ツンツンした山は中国の桂林を彷彿するかの如く鋭い!意図的なものかは不明じゃが…

03-j.jpg
小生が一番お気に入りの「小さな池」、水面に浮かぶ花ビラであろうか?ソ〜と覗き込んで見たい気分になる。周辺の畦も良いアクセントになっている。

総体的に観ると、ご本人曰く、応募書には未完成作品と書かれている様に線路際廻り(駅の反対側など)をもう少しアレンジしても良かったのではないでしょうか?似た傾向に「故郷の離島に線路を敷いてみた」kotobuki2006r氏の作品があります。パーツ欠損でご覧頂けない場合は動画もありますのでご参考まで…

来期も是非、応募して下さい!

posted by 漆黒 at 10:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 霊魂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月17日

都市型密集レイアウト:レイアウトっこ氏

レビューを書かせて頂いておるが、久しぶりに重量級のレイアウトである。

レイアウトっこ05-j.jpg
レイアウター画面である。都市密集型レイアウトのお題目通りギッシリとストラクチャー類が配置されている。超高層関連も埋めずに其の勇壮たる姿を表現してある。

レイアウトっこ01-j.jpg
「内海市」同様、細部に亘り「街作り」に徹したレイアウトだ!配置具合のセンスも良いし此れからが楽しみなお方である。

レイアウトっこ02-j.jpg
線路配線は主線の両端、ダミー配線各種もトグルで周回するパターンである。各種センサーで制御された車両運行パターンも面白い。

今回のレイコンでは「内海市」と並ぶ都市型レイアウトではあるが、此の種(手)は皆様挙って作成するパターンでVRMを齧ったお方なら一度は作成した事があるかと思います。故に都会感覚で配置したストラクチャー類、線路配線をしても先代からの銘品群から一歩抜き出るレイアウトじゃないと評価は薄いと感じました。作品には演出が必要不可欠、過去に入賞した作品をご覧になるとご理解頂ける事と思いますが?

後、細かな事ですがビュワーを立ち上げた時に初画面に登場する車両は「主編成」が望ましいのでは?(ダミー編成は最後か?)レイヤーの車両編成の順番にも配慮が必要だと思います。Online版はダミー編成を無視する機能が追加されました。(F6キー対象外)

レイアウト作成技術は小生も認める、「エキスパートクラス」です。今後にご期待申し上げます。

posted by 漆黒 at 20:20| Comment(0) | TrackBack(1) | 霊魂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月16日

田舎鉄道:常磐線氏

田舎と言う言葉を聞くだけで痺れてしまう小生である。
常磐線氏は多分、お初になるか?さて、レイアウトを見聞するとしょう!
常磐線02-j.jpg
鉄橋を通過するEF65。氏はここへ「音源」を設定してあるらしいが、VO(オンライン)環境だと走行中の車両室内では聞こえない。フライスルーで鉄橋に近づき列車を待つ…小刻みに鉄橋を渡るギャップ音が収録されておった。この辺は抜かりない!!

常磐線03-j.jpg
田舎の風景を模索した光景だと思うが、農家を置いた周辺に一工夫欲しい、作成パッケージ(V4)を拝見させて頂くと殆ど揃っている感じがするので線路際は神経を使って欲しいと思った。

常磐線01-j.jpg
架線柱もこちらで88638氏が書かれた文面を読み、再検証して頂きたい。(カーブでA、B交互はアカン!)

レイヤー機能は「13項目分類」され好感が持てる。土手幅がちょっと狭い為か架線柱の基礎部分が空中に浮いている箇所も多々。地形テクスチャーは氏のオリジナルであろうか?面白い色彩だ。無難に仕上げた作品ではあるが全体的に単調気味な感じがする。PC環境にも拠るが、ストラクチャー類をもう少し配置しても良かったのではないでしょうか?

次回、ご期待申し上げます。
posted by 漆黒 at 21:32| Comment(0) | TrackBack(1) | 霊魂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月15日

小さな駅:ゆきもよ氏

応募書には「北海道の元仮乗降場の駅をイメージしたヴィネットです」と書かれている。

ヴィネットとは(Wikipedia参照)「小品のジオラマをヴィネット」と称する。

yuki01-j.jpg
既存のレールを敢て「木製枕木」に置換えた画像である。キハ22系の時代に配慮した点は流石である。

yuki03-j.jpg
ヴィネット作成は鉄道風景をデジカメで画角(ズーム)を変え、ワンカットを撮る作業と同じであると思う。簡単そうだが最も難しい領域だと小生は感じる。今回はzio氏の天球テクスチャーをお使いになられているようだが、主題が天球に押されている感じがあるのは小生だけかなぁ?背景は作品(主題)を引き立てる重要な部分じゃと感じる。

小生がブログでスクリーンショット画像を公開しているが、これも「ヴィネットをイメージ」。作成シーンを切り取る作業も中々難しいものだ(汗)

レイアウトコンテストも「ヴィネット部門(規定サイズ)」があれば面白い作品(場面)が沢山応募されるのではないかと思いました。

レイアウト作成の基本は「ヴィネットの集合体(連続)」を作成する事だと思います。ゆきもよ氏の作品を参考に小さな集合体を多く作成するが、何れ大きなレイアウト作成にも活かす事が出来ると感じた。

■欠損パーツ
キハ22 332は所持していない為、他のキハ20系に置換えてあります。
posted by 漆黒 at 20:30| Comment(2) | TrackBack(1) | 霊魂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月14日

鉄道のある世の中:まつでん氏

応募書類を拝見すると「様々な方式の鉄道を再現」「様々な時代のものが混在する世界」と書かれている。

matu04-j.jpg
ビュワーを立ち上げた瞬間の場面である。個人的には好感を持てる場面だ!じゃが、如何にして車両を動かすのか?を記載していないので手動で動かして見た。F6キーで各車両を順次出発させたが…「運転停止」状態が続く?まつでん氏のコメントに「ポイント(分岐)が沢山あるので、注意して下さい」と書かれていた事を思い出す。と、言う事は閲覧者が自らポイントを動かさなければならない点は辛いかもしれない。(レイアウトの車両数を考えると?)

matu02-j.jpg
無理矢理モノレールである。個人的な意見じゃが、今回のレイアウトはこれ一本でグルリ周回するレイアウトを作成したら面白かったのでは?と思った。

matu03-j.jpg
初心者会議室での質問「トンネル作成」に次ぐ難工事の「アンダーパス」である。アンダーパスは道路両端に高度設定し「部品用地造成」でイッパツで簡易的な部分は作成出来る、歩道等施設は細かな作業が必要だが…AKAGI氏のHP参照
http://akagivrm.sokushinbutsu.com/technique/underpass.html
後、左端のフェンスが宙に浮いているのが残念だ。配置したパーツは前後左右上下など多角で眺める事をオススメする。

小生が総体的に見た感じですが、「贅沢三昧」の一言!在れも、此れもと配置すると矢張り「主題」が無く「レイコン」と言う第三者の判断に委ねる場合は不利かもしれません。又、先程も書かせて頂きましたがポイントを多用したレイアウトを閲覧者に正逆を委ねる事は難しいと思います。

苦言の数々お許し下され、来期も頑張って応募して下さい。
posted by 漆黒 at 21:20| Comment(0) | TrackBack(1) | 霊魂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月13日

潮騒:buchi-taro氏

今回のレイアウトコンテスト2009も新たなる挑戦者が出現された事は非常に嬉しいことだと思います。既存VRM愛好家が何人おられるかは不明じゃが「年一回の祭典」にお時間、意思があれば是非、参加して欲しいと願うばかりだ。

応募書にbuchi-taro氏が自ら撮られたSS画像が添付されいるので、小生はそれ以外に飛び回った感じを書かさせて頂くことにします。

buchi01-j.jpg
今回のお題銘「潮騒」らしく、レイアウト外周は海で纏めた作品である。岩場を旨く活用した例が上記、「岩場合体」し「島」に変身!これは面白いアイディアだと思う。島周りはラフブラシ等で仕上げたのか「波のうねり」も再現してあるのが憎い!白色の地形テクスチャーで飛沫(スプラッシュ)があると更に情景が良くなったかもしれない。

buchi02-j.jpg
駅近くのペンションであろうか?一際目立つ看板に自動車「日産Z」を配置するとは…昔、給油所の屋根に廃車(ワーゲン等)した車が揚げられておった。其の昔、Zはプレイボーイの御車でお坊ちゃま風の方が乗り回していた事を思い出す(チクショウ!此れは失礼…)

buchi03-j.jpg
三脚を取り出して「轍撮り」が美味しい場所。小刻みに運行される列車を眺めるには最高のポジションだ!


ビュワー開始直後後、103系が出発進行!ウッ?架線が無い思ったら車両のパンタグラフも無いじゃん(モハ抜き)これは敢て「気動車風」にアレンジしたものであろうか?

山関係もサウンドペーパー軽く仕上げ、「侵食」で、マウスを下から上にス〜とナゾり更にペーパーで軽く仕上げると見栄えも更に良くなります、お試し下さい。

レイヤー機能も細かく分別され几帳面な感じを受ける。応募時はシッカリ「ロック」レイコンの暗黙の決り事遵守されている。(センサー等移動防止など)buchi-taro氏のレイアウトに限らず、複数の編成を指定キーで操作させる場合は運転中「F3」で詳細が分かる気遣いが欲しいと思った。(レイアウト設定「ガイドに記載する」)

来期も是非、挑戦して下さい!!
posted by 漆黒 at 21:08| Comment(2) | TrackBack(1) | 霊魂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月12日

内海市:うつみ氏

2009レイコン応募作品です。こちらで派生し完成が楽しみだった「内海市」が遂にベールを脱いだ!!欠損パーツはユーロ関係、何に使われておったのかは不明?

utumi05-j.jpg
レイアウター画面を見ると隙間無くギッシリとストラクチャー類が配置されている。線路両端はトグル(トンネル)で車両がグルリと廻り戻って来る配線だ。又、高架には無理矢理モノレールも運行しており、I社も重い腰を上げて頂きたいと願うばかりだ。(路面、森林も同)

utumi01-j.jpg
小生のPC環境で、この場面にフライスルーカメラで辿り着くまで数分、テンキーを押す指がピクピクしてくる(笑)間違えて「5」を押した瞬間は何か悲しいものが(汗)超重量級のレイアウトである。プラットホームも看板類や小物を大量に配置、国鉄時代の行き先看板を思い出す。

utumi02-j.jpg
レイアウトに使われている大型ストラクチャー(超高層ビル)は地面深く埋め込み(地底都市風じゃ!)地上に露出している部分は極一部だ。これも都会レイアウトを作成するには必要不可欠じゃが、レイアウトを重くする要因かもしれない。

utumi04-j.jpg
小生が気に入ったコンビナート風の建物である、以前SS部門で活躍された「ムラP氏」を彷彿させる完成度である。柱は架線柱、面白い発想だ!

utumi03-j.jpg
早々取り入れてある「大型郊外店舗」も内海市にはお似合いだ!

レイアウトコンテストの銘の如く隅々まで気配りをした内海市だが、創り込み過ぎてサイズオーバーになってしまった点は悔やまれる。御自身で楽しむのであれば問題は無いが、万民(審査員含む)に閲覧して頂くには軽快に作動するレイアウトが好まれ傾向か?開催側から見ると此れから広告塔として使う訳だから…?

I社のスペシャルPC環境も似た通ったかで、小生の重量級レイアウト「コンテナの旅」も10FPSしか出ない様だ!(小生は5FPS)まぁ、サブレイアウト(蝉時雨)を出さなかったら今年も涙を流したかもしれない…(二刀流(大・小)もこれからの作戦になるであろう)
posted by 漆黒 at 09:43| Comment(2) | TrackBack(1) | 霊魂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月11日

大賞の戦利品

こちらでAKAGIさんやコメントでjunichiさんに隅を突付かれたので白状させて戴きます。(笑)

今回の戦利品は…
「HO Tomix製 EF64-1000台貨物更新色」でした!
EF64-1000.jpg

続きを読む
posted by 漆黒 at 19:59| Comment(3) | TrackBack(0) | 霊魂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドライブ日和:junichi氏

2009レイアウトコンテスト「審査員特別賞」を受賞された作品です。タイトルがドライブ日和?さてとビュワーでイキナリ「25km/h」の速度制限標識登場?!恐る々動かすと…「自動車運転視線」走りだした。これが彼の言う「お遊びの世界」である。詳細は動画でUSO800鉄道さんが公開されたので小生は別角度でローカルなレイアウトを眺めたいと思う。

jun01-j.jpg
旧街道をイメージする町並みは氏がお得意とする分野である。微妙にカーブする道路は先が見たく成る程、旨く作り上げてある。道路筋には駅舎があり跨線橋でプラットホームに導かれている仕上げ方は最高だ!

jun02-j.jpg
ローカル駅と古城の組み合わせが絶妙です。兎角浮き出てしまう大型ストラクチャー(松本城)もシックリと収まっています。そしてサリ気無い登坂道路がレイアウトを引き締める役割をしています。(高低感)

jun03-j.jpg
踏切を通過するキハ、遠く見える春のアルプスも良いアクセントです。線路際の処理は小生がお手本として見習って来た部分です。皆様も是非、挑戦して下され!

jun04-j.jpg
最後に裏舞台(背景)です。junichi氏に怒られるかもしれませんがお許し下され(汗)

今回は氏の十八番である「樹木乱舞」(美林攻撃)も余り見かけませんでした。ライトなレイアウト作成に心掛けたかもしれません。氏はお遊びと申しておりますが、隅々まで見渡す限り抜かり無く仕上げた作品だと思います。個人的にはキハで一周パターンの方が受けが良かったのではなかったでしょうか?蝉ちゃんと「ローカル合戦」をしたかもネ(笑)小生と同年代!爺様軍団も頑張っておるので、若者軍団の皆様方々は挫折せず最後まで作品を完成させて欲しいと思いました。
posted by 漆黒 at 09:46| Comment(2) | TrackBack(2) | 霊魂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。