2009年10月20日

架空蔵岸線:片町線氏

ネットで「蔵岸線」と調べたが矢張り、架空でした(汗)

審査ポイントに「車両基地・駅など」と書かれていました。

02-j.jpg
多面プラットホームですが、殆ど「レールエンド化」されています。
多面プラットホームは憧れですが、レイアウトの規模や線路を走る車両数を考慮した配置が必要じゃないかと感じました。
01-j.jpg
湾曲したプラットホームが見所!フレキシブルを曲げて作成するので大変です。チョット、車両側面とホーム端の間隔が空き過ぎかもしれません。(乗客が落下(汗))

03-j.jpg
ポイントで分岐され支線化された部分です。氏の運転方法注意点には「ポイント切り替えが複雑なのでご注意」と書かれていた。が、此れだけ密集しているとビュワーのポイントを探すにも大変だと思いました。

VRM4(1、6)号で作成した作品です。線路配線は面白い構想だと思いますが、パーツの不足分は山や河川、海など作成し地形テクスチャーを活かすことで見栄えがガラリと変わると思います。お試し下さい!
来期も是非、挑戦して下さい!

余談:
レイアウターで線路を「オレンジ色」を使われているのが懐かしいです。小生が始めた頃は皆同じだったので暗黙の色何んだと思い込んでいました。まぁ年齢を重ねると眼に優しい色合いに変更しましたが…
posted by 漆黒 at 13:53| Comment(0) | TrackBack(1) | 霊魂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

レイコン2009 片町線氏「架空蔵岸線」
Excerpt: レイコンレビューを始めてだいぶ経ちましたがなんとか全員レビューすることができました。今回のレビューは片町線氏作の「架空蔵岸線」。お待たせしました。
Weblog: VRM×VRM
Tracked: 2009-11-28 04:37
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。