2009年10月20日

冬の京都駅:ゆうちゃん氏

雪がチラチラと舞い落ちる京都駅をイメージした作品である。氏は「立体交差のところ」を見て欲しいと書かれている。

01-j.jpg
多分、ココで良いのであろうか?三層構造の立体線路配線である。前作、前々作品と比較すると配置する線路パターンも変化し、見応えのある感じがする。

02-j.jpg
大型ストラクチャー「京都駅」久しぶりにマジマジと見るとデカイ!出発待ちをしている車両編成が良い雰囲気だ。前作(JR大久保駅)の様に人形を多数配置する事で賑やかさ感を出した方が良かったかもしれない。

03-j.jpg
ターンテーブルもある。

三作品を見た限り、本作品が最終仕上がり品なのであろうか?

最後に
レイアウト作成術はお持ちなので、運転停止を出さない方法や周辺の情景を考えて作成するとモット良い感じになると思いました。レイコンとは別にPC環境が許す限り「限界」迄煮詰めた作品(今回公開した物)に再挑戦するのもスキルアップに繋がると感じました。頑張って下され!
posted by 漆黒 at 12:57| Comment(0) | TrackBack(1) | 霊魂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

レイコン2009 ゆうちゃん氏「冬の京都駅」
Excerpt: 今回のレイコン作品では唯一の雪景色レイアウトです。
Weblog: VRM×VRM
Tracked: 2009-11-28 03:53
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。