2010年06月28日

森林鉄道・待機区間

この所、「自動センサー」にある設定で「単線・待機区間」を如何に再現出来るか?で思案中である。と言うより、残念ながらcVssにはコノ手のパターンが無いのが残念である…。矢張り微妙な設定マデは無理じゃが、単線のすれ違いパターンは自動センサーでも可能だ。

2010-06-28-j.jpg

左列車は待機線で停車中、右上からの列車がアル時点でセンサーを踏むと数秒後には警笛と同時に進行開始!起動力が弱いのか超遅い!(汗)その後、加速設定のセンサー踏んで通常走行へ。気の短い方にはヤキモキする動作か?

ホームの「鉄道員」はまつでんさん作リソースである。

posted by 漆黒 at 21:51| Comment(8) | TrackBack(0) | 森林鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月20日

トンネルを作る方法

VRM初心者さんからの御質問、言葉で説明すると大変なので…

「単線トンネル」

2010-06-20-03-js.jpg
色々な遣り方がありますが、小生の場合はコレで通しておる。(笑)

地上高が「0o」と仮定すると上記の高度「65mm」が基本となります。ですから後は配置した地形高さに+65oで何処でもトンネルが掘れます。

例:地上高が100oの場合だと「平面作成」は165o

地下トンネルでは-100oだと「平面作成」は-35o

トンネル01-s.jpg
トンネル入り口(ポータル)の「2マス」分に先程の高度(65o)の平面を作成します。地形によっては「3マス」が必要な場合もありますので色々と試して下さい。

注意:マス数は線路方向じゃないヨ(縦)

複線トンネルは4から5マス必要。コチラもご自身で試して下さい。


トンネル02-s.jpg
平面作成が完了したら、地形ツール「ドリル」で先程の平面部分に穴を開けます。(黒色のテクスチャーになる)


トンネル03-s.jpg
コノ状態でビュワーで見るとトンネル入り口付近は土砂で埋もれてしまっています。そこで地形ツール「整地」か「平面作成」にて高度「0m」で土砂を取り除いてやります。

又、山に「穴(ポリゴン割れ)が発生したら失敗です!地形テクスチャー(山と違う色だとベスト)で先程のドリル部分を消します。
多分、平面作成面積が狭かった(2マス)に四マス分のドリル処理をしたりすると穴が開いてしまうので注意が必要です。

本来なら「もとに戻す」を使えば楽なのですが、時々バクって「強制終了」!折角のレイアウトもパぁ〜〜練習程度なら構わないと思いますが、正式なレイアウトには使わない方が良いでしょう!


ワンポイント:赤枠(平面作成枠)の左縁が半分、先程の65oの部分に跨っている事。(整地ツールでも同様)

トンネル04-s.jpg
土砂を取り除いた画面(高度0o)

2010-06-20-02-j.jpg
入り口側のトンネルが無事開通しました。

反対側のトンネルも(出口側)同じ方法で仕上げて下さい。
(今、仕上げたポータル部分じゃないヨ:汗)
複線トンネルも同じ方法で開通する事が出来ます。



トンネルを開ける注意点

1:地形ツール「ドリル」を使った後はその付近の地形操作には注意する。
「地形テクスチャー・サンドペーパー」等でイジッてしまうと山に穴が開いたりするので…

2:今回の様に角度がレイアウター画面に直角であれば簡単にトンネルが掘れますが、角度の付いたトンネルは練習を重ねて頂かないと中々仕上げる事は難しいです。

3:線路及びトンネルパーツは高度を固定しておく事!(今回の場合は0o)



山を作成する汗、コレは難しい質問じゃの〜

「石膏ブラシ」の設定を色々と変えて見るのも手!小生は大きな山を作る時はブラシサイズを100以上、強さは平均して「20」程度。レイアウター画面の色合いを見ながら(高度が増すと黄色が強くなる)一部分だけゴシゴシと擦ると巨大な山になってしまうので平均的にナゾル事が肝要です。

後はサンドペーパーで仕上げる事をお忘れなく(尖った山になるので)
posted by 漆黒 at 09:28| Comment(6) | TrackBack(0) | 基本技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月13日

森林鉄道・河川作成

山だけじゃ物足りない…

と言う事で河川に挑戦じゃわぃ!既存の地形テクスチャーだと色合いがイメージするものと違うので数個追加で作成する。序でに土手部分の石垣も用意する。

2010-06-13-01-j.jpg
右側には鉄橋を作成する。岩には「釣り人」を乗せてみたが、矢張り回転すると竿がトンでもない方向を向くので使えないかも…

2010-06-13-02-j.jpg
線路際の斜面には「石垣風」のテクスチャーを貼り付けると雰囲気が良い
posted by 漆黒 at 15:13| Comment(7) | TrackBack(0) | 森林鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月10日

森林鉄道再開

VRM信越支部サミットから早、4日が過ぎて…

仮想森林鉄道レイアウト再開である!仮想は楽じゃノ〜当時の雰囲気をチョイト演出するだけ(汗)本格的な線路配線となると過去へタイムスリップしないとトテモじゃないが出来ない。小生が好きな「木曽・阿寺渓谷」、林道が昔「森林鉄道跡」であったとは…。言われて見ると確かに面影があった。神秘的な瑠璃色の川色と独特の岩肌(形)がご当地の美しさかもしれない。

2010-06-10-01-j.jpg
遠景から(これ以上、引くとボロが出ます:笑)

2010-06-10-02-j.jpg
操車場風にアレンジして見た。

2010-06-10-03-j.jpg
今回「森林鉄道3」に付属する「切り出した丸太」(十二種)と切り株(三種)と「出荷票」である。何処に入っているのかと探したら「農業」にありました。(汗)

88638さんも森林鉄道作成に入った様子です。作成過程が楽しみです。
posted by 漆黒 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 森林鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月07日

VRM信越支部サミット回想

やぁ〜本来なら昨日書く予定だったが、長旅(?)の疲れで帰宅、麦酒を飲んだらダウンじゃ(笑)

今回のVRM信越支部サミット、年の差がチョイト心配じゃったが(汗)若者二名に老人一名の支部だ。鉄道関係の話となると小生はツイテ行けない程、両名は詳しい!!(脱帽)まつでんさんは態々、115系M車に乗車しモーター音を聞かしてくれたり、開閉したドアに「湘南色が残っている部分指摘)又、時刻表持参(付箋が無数付いていた凄い)など「南松本駅」魅力を全部紹介して下さり嬉しかった。

南松本駅は多分、特急ファン(383、E257、E351)普通(115系、313)から貨物ファン迄満足出来る駅と小生は感じる。数分置きに通過する「あずさ」「しなの」に混じり「115系」が…近くに公園があるのでノンビリと木陰で一日見ていても飽きないと思う。又、通過駅故に特急列車は100km/h以上のスピードで駆け抜ける風圧も体験出来る「お立ち台(フェンス)」がある(黄色い線より前だ)。
P6069041-s-s01-s01.jpg
時速100超だろう!標準レンズでもコノ迫力!風圧で帽子が飛ばされる〜〜〜

又、南松本駅はコンテナ等の基地になっておるのでDE10、EF64、タキ、コキが待機。昨日はロクヨン1000番も線路で休暇をとっておった。又、他の貨物基地の様に厳重にフェンスで囲ってないので(タイガーロープだけ)沿線から好きなアングルで撮影が可能なのが嬉しい。眼の前(一m)をDE10が通り抜ける姿は超迫力で感激ものだったヨ。

場所を変え「塩尻駅」へ移動する。
P6069038-s-s01-s01.jpg
クモハ123系(辰野〜塩尻運用)と115系が停車しいる。

P6069024-s-01-s01-s.jpg
「はまかいじ一号」も入線した。

甲府と中津川方面に分岐する塩尻駅はホーム中端までカントが付き見所満載である。篠ノ井線の「0」キロポストもある。
P6069039-j.jpg

まつでんさんには大変お世話になりました。改めて御礼申し上げます。
あさまさん、まつでんさん又お遭いしましょう!
posted by 漆黒 at 20:21| Comment(4) | TrackBack(0) | そのた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月05日

第一回「VRMサミット信越支部」開催

只今、VRM信越支部会員三名じゃが…

目出度く、明日「南松本」でサミットを開催する事になりました。
久しぶりに電車に乗車(数十年ぶり)出来るのでチョイト不安(確か二番線だなぁ…フムフム)と希望がオーバラップして複雑じゃヨ(汗)

普段、外出する事が無いものだから。婆様に明日「南松本」に出掛けると言ったら…良い妾(メカケ様)でも出来たのかいと(笑)

明日は「まつでんさん」「あさまさん」と中部地区を堪能して参る所存です。爺は足が遅いのでお手柔らかにの〜〜

2010-06-05-j.jpg

デジカメの準備良し!アっ電池容量が少ないぞ危ない々(汗)
posted by 漆黒 at 19:54| Comment(0) | TrackBack(0) | そのた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月04日

森林鉄道・酒井A型機関車132

♪木曽のナー 中乗りさん、木曽の御岳さんは ナンジャラホーイ
夏でも寒い ヨイヨイヨイと「木曽節」を歌いたくなるのォ!(笑)本命の「トロ+檜」が発売じゃヨ…

2010-06-04-03-j.jpg

2010-06-04-04-j.jpg
トロ(岩崎レール製運材)はタイプ。檜積載位置が異なるものと檜表面の乾き具合が微妙に異なるもの、そして未積載+連結棒タイプがある。

2010-06-04-01-j.jpg
酒井A型運転台視線にて。手前からNewストラクチャー「事務所」「官舎」更に奥は「詰所」である。I社も程々に風化させたと見えるが何だか中途半端か?じゃが贅沢は国民の敵!出ただけ有難いと思わぬとな?(笑)
posted by 漆黒 at 19:42| Comment(3) | TrackBack(0) | 森林鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月02日

森林鉄道・停車場 弐

I社のブログを拝見すると今週中には森林鉄道パート3がリリース予定だ!後文を読む限り以後は暫く出ないであろう?と、言う事は既存パーツで汗しないと駄目、また無理矢理の世界が続く…

2010-06-02-j.jpg
エミッターで「ミゼット」を…矢張り回転すると〜〜駄目か〜ボツ!

2010-06-02-02-j.jpg
森林鉄道「電車庫風」追々、出るであろうなぁ?(元はバス営業所)

posted by 漆黒 at 20:16| Comment(4) | TrackBack(0) | 森林鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。